about

 インド、ミャンマー原産の東南アジアに広く自生する常緑樹、ニーム(NEEM)。その名はサンスクリット語で「病気の救済者」を意味します。インドでは別名「村の薬局」と呼ばれ、古代より伝統医学であるアーユルヴェーダの中心的ハーブとして使用されてきた、歴史と伝統のある植物です。

 アーユルヴェーダとは、インド・スリランカで生まれた5000年以上の歴史を持つ伝統医療であり、西洋医学のように病気の症状を取り除くのではなく、心身ともより健康に、長寿や若さを保つことを目的とした予防医学です。

 インドでは、子供が産まれるとニームの産湯に浸かり、結婚するとニームの花と葉をライスシャワーのように浴び、最期の時はニームの樹の下でお別れをする、生から死までニームと共に過ごしています。日本ではお釈迦様がその枝で歯を磨いた、というエピソードが添えられて紹介されることが多いようです。

 さて、その効用は樹の部位ごとに実に多岐にわたります。ニームの効用自体は文献(*1)に詳しいですが、その代表的なものとしては、農業分野における害虫忌避効果やアーユルヴェーダや民間療法における抗炎症作用が挙げられます。そんな効用豊かなニームですが、日本での知名度はまだまだで、今後の発展が見込まれる素材です。

 当社ではそんな可能性にあふれた素材であるニームを、その普及を推進するNPO法人日本ニーム協会(*2)と、ぶどう糖サプリメントについて特許を持ち、既に全国にてサプリメントを販売している製造元の大丸本舗(*3)の協力のもと、ニームとブドウ糖を掛け合わせて、日常的に摂取しやすいサプリメントに仕上げました!

 世界でも類を見ない、ニームの葉のエキスを直接摂れる本商品。日常生活にアーユルヴェーダの恵みを取り入れてはいかがでしょうか?ぜひ、お試し下さい!!

【参考】
*1.稲葉 眞澄.ニームは地球を救う―人間と自然との共生.プロスパー企画,2007
*2.NPO法人日本ニーム協会
 http://www.nihon-neemkyokai.com/
*3.大丸本舗
 https://www.daimaruhonpo.co.jp/

【小売事業者の方へ】
 弊社では小売業者の方向けに卸売販売にも対応しております。弊社取扱商品に関心をお持ちいただけましたら、お問い合わせフォームよりご連絡いただきますようお願いいたします。折返し担当よりご案内差し上げます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□会社情報□■□
 株式会社グレイシード 代表 松井裕太郎
 TEL/FAX:03-6260-9184
 Email:info@grace-seed.com
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■